2チャンネルまとめサイト

おすすめ記事

タグ:親子

    このエントリーをはてなブックマークに追加

【悲報】ジャガー横田さんの遺伝子、完全敗北

引用元url:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1518500016

1
ID:JrQzgbJZd.net
3
ID:RiodYtGhp.net
親父そっくりで草
4
ID:vDJxho8J0.net
イケメンやな
【ジャガー横田さんの遺伝子、完全敗北】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元:【埼玉】「今回の家出は本気。もう帰らない」 中3女子家出し行方不明、父がチラシ配布「話聞いてやればよかった」 佐野市

1ID:CAP_USER9.net

佐野市の中学3年、大橋樹夏(みきな)さん(14)が今月17日から行方不明となり、家族がチラシを作成して行方を捜している。樹夏さんは置き手紙を残しており、県警は家出の可能性が高いとみている。

県警から17日に埼玉県春日部市、22日に同県川越市にいる可能性が示唆され、両親は川越市でチラシを配布、懸命に情報提供を呼びかけた。(斎藤有美)

樹夏さんは16日深夜~17日早朝、自宅から姿を消した。「今回の家出は本気。もう帰らない」という置き手紙が残されていた。

内容は、父親(57)の厳しい教育方針や進路についての意見などに反発し、「将来も、生活も、勉強も、ましては恋愛もぜーんぶしばられる人生なんてもういやだよ」とA4判1枚に小さな字でびっしりと書いている。

ただ、1年前の中学校の立志式の手紙では、重い病気をしたときに懸命に支えてくれた家族、とりわけ父親に感謝の言葉をつづっている。

樹夏さんは、身長155センチ、やせ形で髪は肩まで伸ばしている。着衣は不明だが、青色スニーカー、青色キャップ帽、クリーム色のリュックサック、青とピンクのボストンバッグを所持しているとみられる。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でも家出をほのめかす書き込みをしていた。

両親は、樹夏さんに「樹夏、寂しいよ!心配だよ!」「どこで何しているの?」と
毎日のように無料通信アプリ「LINE」(ライン)でメッセージを送るが、読まれた形跡はない。

3人姉妹の次女で「板挟みになってしまったのではないか」「もっと話を聞いてやればよかった」と父親は唇をかんだ。「所持金もほとんどないはず」と心配は尽きない。

両親は樹夏さんの特徴などを記したチラシを作成、県警に370枚、警視庁に1560枚、埼玉県警に425枚を送付した。

父親は厳しい教育方針については悔いていないが、「怒らないから。帰ってきてくれたら温かく迎えてやりたい」。まな娘の帰りを待っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000013-san-l09

164ID:5rsrxSJI0.net

栃木県警
行方不明者一覧
http://www.pref.tochigi.lg.jp/keisatu/first-level/yukuehumei.html



氏名:大橋 樹夏(おおはし みきな)
当時の年齢:14歳
身長:155cm
体格:やせ型
頭髪:黒髪長髪
行方不明日:平成29年6月16日
担当警察署:栃木県佐野警察署生活安全課
電話番号 0283-24-0110


日本が誇る警察に任せようじゃないか

287ID:h1m7ahAE0.net

>>164
きっと警察が保護してくれるわ

408ID:xSYYRqGd0.net

>>164
これで恋愛がどうこうとか
なめてんのか

433ID:ZIMbM+T40.net

>>408
普通だろ
中学生の制服姿でビックリするほど可愛い人なんて1%もおらん

【中3女子が家出「今回の家出は本気。もう帰らない」父がチラシ配布「話聞いてやればよかった」 佐野市】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加


【3年間パパのお弁当を食べてくれてありがとう】お父さんが作る娘のお弁当の話に全ツイッタラーが感涙
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1481364134
1:2016/12/10(土) 19:02:14.55 ID:roKc84bM0
Twitterに投稿された、お父さんの作るお弁当についての投稿が「うるっときた」「泣いた」と話題になっています。
お父さんが前日の夜から頑張っていたというそのお弁当には、1枚の手紙とお父さんがはじめて作ったお弁当の写真が入っていました。

 手紙には「3年間パパのお弁当を食べてくれてありがとう」という感謝の気持ちと同時に、「たとえまずくても、マズイって言わなかったね」
「たまにお腹が痛くなったり、腐ってたり、友だちからおかずをもらったり、本当にゴメンネ」と謝る言葉が。

 いなくなったお母さんの代わりにお父さんが作り始めたお弁当は、みどりさんにとって「恥ずかしかった時もあった」そうです。それでも当時は「しょうがない」
「パパに失礼」だと残さず食べていたそうですが、手紙を読んで「ごめんねの文字に涙が出た」「申し訳なさでいっぱいになった」とみどりさん。

 今ではみんなに褒められるお弁当になったことにも、「私のためにどれだけ苦手な料理をがんばってくれたんだろ」「毎日なんとも思わないで食べていたお弁当に
パパはどれくらい気持ちを込めてたんだろう」と思い返しています。

 最後のお弁当を開けてみると、たくさんの具がきれいに盛りつけられています。はじめて作った、あまりおいしそうに見えないお弁当の写真を見た後で、
その変化と頑張りにびっくりしたみどりさんはここでも「必死に最後のお弁当を作っているパパの姿を思ったら」とほろり。
 最後にみどりさんは「毎日毎日夜遅くから朝早くまでがんばって作ってくれて本当にありがとう」とお父さんへの感謝を述べ、「3年間、お弁当おつかれさまでした」
「パパのお弁当はせかいいち」と締めています。

 Twitterではこのツイートに「電車で泣いた」「本当に素敵な親子;;」など感動した声が多く寄せられ、「いいお父さん」「こんな素敵な親父になりたい」
とみどりさんのお父さんを見習いたいという声も上がっています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-00000019-it_nlab-life

パパの最初の弁当



パパの最後の弁当


3:2016/12/10(土) 19:04:57.20 ID:TR8oszW90.net
ええはなっしゃ

5:2016/12/10(土) 19:05:56.75 ID:uWFqJS+T0.net
こういうのに弱い俺

113:2016/12/10(土) 19:44:02.90 ID:KbtKGi3E0.net
>>5
あまり見かけないかもしれないけど、
Stella(ステラ)という映画オススメ


【【3年間パパのお弁当を食べてくれてありがとう】お父さんが作る娘のお弁当の話に全ツイッタラーが感涙】の続きを読む

このページのトップヘ